So-net無料ブログ作成

気分はサーカス? 「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が人気(産経新聞)

 天井からつるした布に体を預けて空中で行うパフォーマンス「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が、ふだん使うことの少ない骨格の筋肉を鍛えられることなどから人気を呼んでいる。

 サーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」などの公演に取り入れられたことから徐々に日本でも浸透したといい、東京都墨田区の専用スタジオでは若い女性らが運動中。

 渋谷区の会社員、竹島千恵さん(25)は「これまでの運動より楽しい。肩こりやストレスの解消にぴったりです」。

【関連記事】
日本で最後!矢口ら「コルテオ」仙台公演PR
日本人女性マジシャン2人組「Ai and YuKi」
サーカスとグルメ融合 来月末から「ルナ・レガーロ」
万博をPR、大阪で上海雑伎団が5月から公演
郷ひろみ、橋下知事にコルテオ「カモ〜ン」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟−東京、横浜地裁(時事通信)
参院選「小沢氏はしご外さない限り」鳩山首相で(読売新聞)
家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)
<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い−東京地裁(時事通信)

息子夫婦をナイフで刺す 60歳父親を逮捕 警視庁(産経新聞)

 20日午後9時40分ごろ、東京都武蔵村山市伊奈平の男性会社員(40)方から女性の声で「刃物で刺された」と110番通報があった。警視庁東大和署員が駆けつけたところ、玄関先で、この家に住む男性と妻(39)が刺されているのを発見。署員がそばにいた男性の父親から事情を聴いたところ、2人を刺したことを認めたため、殺人未遂で現行犯逮捕した。

 同署によると、刺された2人に意識はあるが、息子は重傷を負ったという。逮捕されたのは近くの自営業、関野徹容疑者(60)。関野容疑者は「自宅から折りたたみナイフを持ってきて2人を刺した」などと供述しており、同署は親子関係でトラブルがあったとみて捜査している。

 逮捕容疑は20日午後9時35分ごろ、息子夫婦宅の玄関先で、息子の妻の腹をナイフで刺したあと、息子の左胸を刺して殺害しようとしたとしている。

【関連記事】
自首の男を殺人容疑で逮捕 大阪・天王寺のマンション刺殺事件
小泉被告に死刑判決 元厚生次官ら連続殺傷
「どこ見てる」路上で因縁、刺殺 容疑の男逮捕 福生市
「悪い成績つけられた」 ドイツで元生徒が教師を刺殺
府中・信金職員刺殺、発生から5年 遺族らが情報提供呼びかけ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)

今朝は真冬並み…4月の気温乱高下(読売新聞)

 15日の日本列島は、寒気の影響で全国的に冷え込み、関東地方では真冬並みの寒さとなった。

 今月は気温が大きく変動する不安定な天気が続いており、気象庁では「寒気は数日で緩むが、再び寒気が入り込む可能性もある」と注意を呼びかけている。

 同庁によると、15日の東京都心は午前9時過ぎに5・5度まで冷え込んだ。この日の予想最高気温は7度で、これは平年より約11度低いという。大阪や仙台などでも1月中旬から3月下旬並みの寒さが見込まれている。

 気象庁によると、この寒さは、大陸側にある強い寒気が南下し、本州付近を覆っているため。一方、日本の南には暖かい空気を運ぶ強い高気圧があり、「寒気と暖気の勢力がともに平年より強く、日ごとに入れ替わって寒暖差が大きくなっている」(気象庁気候情報課)。東京都心の最高気温は、11日に23・2度を記録したが、翌12日には14・3度に急落。13日には再び20度台に戻るなど、乱高下を繰り返している。

 気象庁では、今月中は強い寒気が入り込むと予想しており、「低温情報」を出して農作物の管理などに注意を呼びかけている。

水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
売国的な法案許さない…平沼新党旗揚げ会見(読売新聞)
自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)

小学生が“本場の音色”を堪能(産経新聞)

 豊島区立高松小学校で8日、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーらによるコンサートが開かれた。会場となった体育館に集まった児童や保護者らは“本場”の音色に聴き入っていた。

 コンサートはトヨタ自動車が社会貢献活動の一環として行っている青少年対象の教育プログラムとして実現した。

 約1時間の演奏を聴いた5年、高橋永遠(とわ)君は「初めて聴いた生演奏で力をもらったような感じ。これからも頑張ろうと思った」と話していた。

 

スリ未遂容疑、気象庁係長逮捕「何回かやった」(読売新聞)
亀井静香氏、相次ぐ新党「不安定な政治の象徴だ」(産経新聞)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)

東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)

 7日午前11時ごろ、東京都江東区青海の東京湾で、接岸中の船から出火した。船に積んでいる鉄くずなどが燃えており、東京消防庁が消火にあたっている。

 警視庁東京湾岸署によると、船はカンボジア国籍で中国人の乗組員10人が乗船。茨城県の鹿島港を出港し、同日午前7時半ごろ、東京湾に到着。鉄くずなどを積み込む作業中に煙が出て、乗組員は全員逃げたため、けが人はいないという。

【関連記事】
民家火災で1人死亡 千葉・鎌ケ谷
廃業した鉄工所から火災 4棟焼ける 東京・品川
川崎でマンション火災 1人死亡2人重体
民家全焼、祖母?が死亡 鳥取・倉吉
高潮で死者最悪7600人 政府試算
「中国内陸部の資源事情とは…?」

女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)
傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)
神戸の女子中学生間に大麻コネクション!?3年女子生徒また逮捕(スポーツ報知)
「5分でいいから」2千円出し女子高生に露出(産経新聞)
ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)

関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)

 低気圧の通過に伴って、日本の東の高気圧から暖かい南風が流れ込んだ影響で、2日朝から関東南部を中心に強風が吹き荒れ、電車の運休や空の便の欠航が相次いだ。

 東京・羽田空港では午前10時までに94便が欠航。JRも、内房線の佐貫町―保田駅間が始発から運休するなど、少なくとも30万人以上に影響が出た。東海道新幹線でも品川―新横浜駅間で一時運転を見合わせた。

 気象庁によると、午前10時半までに千葉市で32・9メートルの最大瞬間風速を記録したほか、横浜市で31・6メートル、静岡県御殿場市で28・4メートル、東京都の羽田空港で27・8メートルを観測した。

 この風の影響で神奈川県では、風で飛んだ看板が頭に当たった横須賀市の女性(81)が軽傷を負うなど、計5人が負傷。千葉市中央区でも落下した看板で60歳代の男性が軽いけがをした。

 東京電力沼津支店によると、2日午前6時半頃、御殿場市東田中で、高圧電線が切れ、約890世帯が2時間半にわたって停電した。

国東半島 「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
免許証で意思表示=裏面に臓器提供の欄−警察庁(時事通信)
<給油機接触>燃料130リットル流出 米軍嘉手納基地(毎日新聞)
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール(時事通信)
エネルギー自給率70%目標(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。